wpid-dsc_1241.jpg

「ま○は食堂」って知っていますか?

私が住む、名古屋の近隣の知多市というところに「エビふりゃー」で有名な食堂があります。

魚好きな私もちょいとドライブがてら食事に伺うのですが…
いつも、満員御礼なのです。

おいしい!
ボリューム満点!
お得感!
イベント感!

こんな満足感があるんですよ。
なので混んでるって分かっていてもリピートしてしまうワケです。

みんな「ま○は食堂」が大好き!

そして先日も。。。

その日は入り口に近い席に案内されました。

久しぶりに、エビふりゃーを待って居ると、1人の従業員の女性が出勤して来ました。

始め、その女性はとても優しい笑顔で同僚に「おはよー!」。

入店後、近場のテーブルのお客様に…
「こんにちは!」
「お決まりですか!?」
「いつもありがとうございます!」

とお声掛けをテーブルごとにしているのです。

そして、テーブルからテーブルにイスを移動させていました。

そのテーブルには荷物を置くのにもう1つイスが必要だったのです。

他の従業員の方は気付いていないことでしたが、彼女は出勤してすぐ気付き行動に移していました。

それも、さり気なく押し付けがましくない接客対応。

優しく相手を包み込むような、
その笑顔通りのプロの立ち振る舞いです。

気持ちの良い接客だわぁ~。
やっぱり笑顔は大切!
って1人納得していました。

 

なぜ?ここまで出来るのか?

接遇研修受けた?
マナー本読んだ?
ロジカルシンキングセミナー参加した?

いえいえ、そんな机上のスキルなんて彼女には必要ないでしょう。

だって彼女の目的はただ1つ!!

「お客様にま○は食堂を好きになってもらう!」

この想いが、目的が明確なのでしょう。

きっと彼女はま○は食堂のフアンなんだろうなぁ~

なので、誰にも教えられなくても、次から次と自分のやることが出てくるのです。

そして、自分で考え決めたことだから続けられるのです。

だから仕事が楽しいのです。

すべて私の想像なのですが…
私がそう思ったのか?

実は彼女が出勤したとき同僚にこう言ったのです。

「今日、休みだったんだけど
人が足りないの分かってたから…来ちゃった!(笑)」

「そうなのぉ~!!ありがとう!!」

この言葉で彼女はお店が好きなんだなぁ~

好きじゃなかったら、休みを返上してまで出勤はしないでしょう。

繁盛店はもちろんお客様に愛されるお店でなければいけない。

しかし、同時に従業員がお店を愛していないといけない。

お客様は分かるんです。
お店の空気感を…
人の空気感を…

重要な・重要な付加価値なのです。

このお店は
「彼女たち、素敵なおばちゃんたち」➕「エビふりゃー」=
お店の最大の武器なんだっ!!

※ちなみに私は「ま○は食堂」とは全く関係ありません。(笑)

----------------------

【4月11日・全国発売!!】 講談社

〈買わせる極意〉

事前予約を開始いたしました!
ぜひこちらからご予約をお願いします。


★Amazonで今すぐ予約する

どうぞよろしくお願いします。