昨日クライアント先の「レジ接客認定試験」を実施しました。3d
受験者13名全員がレジ接客ロールプレイの認定試験に合格したのです。
(すごーい!!)

 

この取り組みは、もっと現場の方が仕事にやりがいを持ち自分の輝ける場所を見つけて欲しい…
という、組織の方の熱い・熱い想いと暑苦しい私との想いからスタートしました。

 

目指すは「吉田美紀チルドレン!!」

私の接客販売技術とマインドを受け継ぎ、販売の楽しさや面白さを知ってもらうのです!!

 

1年前の集合研修初日では
ワクワクの笑顔の人と…
なんで?私がやらなきゃいけないの!?
何するんだろう…不安一杯の顔・顔・顔…

集合研修では、接客販売で必要な知識を学び、ロールプレイを学び…

売り場で私と一緒にレジ接客をやったりバックルームでロールプレイを何度も何度もやったのです。
更に毎日の課題まで出しちゃってました…(ごめんね…)

自分の課題は自分が頑張れば成果が出ます。

でも…
周りのスタッフとの温度差は大きくなって行くばかり。
自分だけ頑張って、他の人はなぜやってくれないの…

孤独感いっぱいにもなったことでしょう。

それでもやり続けてくれました。
なぜかと言うと…
お客さまが「ありがとう」のご褒美をくださったからです。
「ありがとう」を自分から勝ち獲たからです。

努力をした人だけが感じられる喜びなのです。

13人全員が12744085_767358613398015_1966512179640805248_n
辛いこと…
腹の立つこと…
嬉しいこと…
楽しいこと…をたくさん経験し、いろいろな想いの中昨日の認定試験に挑んだのです。

 

翌日、店舗ラウンドで一人の受験者の方に聞いてみました。

この1年やってみて何が自分の中に残った?

少し考えて彼女は…

「自信」です。
私小さい頃からリーダーや人前に出るのが苦手でした。
自分に自信がなかった…
だから、最初はこの研修に私が出ていいのだろうか?って思ってました。

 

でも、参加して良かった!!
私自分に自信が持てた!!
もっと接客販売の勉強がしたい!! 

ですって!キラキラした目でそう言ってくれたのです。

人は小さな成功体験を積み重ねることで、自信をつけていきます。
そして、壁にぶつかることが大切!!

人を育てる側の人間は
この成功体験をする場所を用意し、できるまで待ち続けるのです。

 

彼女たちは何度も壁にぶつかりながら、ひとつづつ解決し小さい成功体験に塗り替えていきました。

その経験が「自信」となり自分で輝ける場所を作ったのです。

この取り組みはもちろん、会社の利益を上げるためです。

しかし、その為には彼女たちが売り場で笑顔で輝いていくことが重要なのです。

それが、必ずお客さまに喜んでいただき、フアンを作るこのにつながりからです。

 

最後に…
私の想いを確信に変えてくれた彼女たちは私の自慢の第一期生13名です。

本当にありがとう♥