私が初め入社したのは東海地区を拠点とした6syou-n
「紳士服のトリイ」でした。

その中でも一番大きな本店に在籍していました。


そのお店には、そのお店にだけにある
商品がたくさんあったのです。


例えば…


アル○ーニやイブサン○ーランの
スーパーブランドも扱っていました。

そして、お客様にもたくさんご来店いただき、
私もたくさん販売していました。


しかし、ある時、、、

「サイズMAX」売り場担当の指示が店長から出たのです。
そこは、店舗の中のワンフロアーに小さな小さな売り場は

こんな状態です・・・

・お客様は日に4~5名来ていただいたら良い方だ・・・

・商品はスーツが1サイズ5着・・・ (通常20着はあるのに)

・チラシもDMもCMも打ってもらえない・・・


それでも売上は取らないといけないのです。


配属当初は毎日、毎日店長に売り場を
元に戻して欲しいってグズグズ言っていたんです。


でも…やっぱり無理でした。
そりゃあそうでしょうね!
そこで、考えたのです!


3無い尽くしのサイズMAXを
3有りにしてやろうっ!

そのためには、数字をつくるしかない!


数字をつくるためには?


客数が少ないなら、1人のお客様にたくさん売れば良いんだ!

ここで提案型が生まれ

買上点数、コーディネート単価が強くなったのです。


商品が少ないなら?


売るモノは私が決めれば良いんだ!
そのためには、売る切り口を決めるための
質問をするようになりました。
私の売りたいモノ売る=在庫コントロールもできるのです。


お金を使う販促を打ってもらえないなら?

お客様に絶対顧客になっていただけばリピートに必ずつながる。
そして、絶対顧客は私を信頼しているので紹介につながるのです。

このお客様を絶対顧客を育てるためには、
言われたモノだけ売っていたらできないのです!


しっかりとカウンセリングして、
お客さまに一番必要なモノを販売員が、

決めなければ絶対顧客には育てられない。
信頼は勝ち獲れないのです。

 

私はサイズMAXがとてもイヤだった。でも…wpid-dsc_1241.jpg

私がこの【買わせる極意】が出版できて、
さらに、こうして販売・営業コンサルタントの仕事ができているのは
サイズMAXの経験があったからです。


実は…
先日、偶然顧客様にお会いしたのです。

 

そうです。サイズMAXの顧客様です。
その時こんな素敵な言葉をいただきました。

「吉田さんはかゆい所に手が届く接客をいつもしてくれたね~。ありがとう!!」
「ネクタイの柄は気に入るのが無いけど、吉田さんを信頼してたから…(笑)」


この時、本当に嬉しかった。私の想いはお客様に届いていたんだと、
思わず涙がこぼれてしまいました。


私たち販売員は「ありがとう」をいただくことはありますが、

直接お褒めの言葉をいただくことはないのです。

 

あんなにイヤだったサイズMAXで
私はたくさん学びました。


そうなのです…
あの時の大きな壁が私を成長させてくれたのです。